ヴェネチアの交通網

自動車はもちろん自転車での通行もダメになっているヴェニスは運河を利用した水上バスがとても発達しています。そして観光地としても世界的に有名なので、たくさんの観光客が訪れます。たとえばある夏の1日でヴェネチアを訪れた観光客の人数は13万人です。この13万人という人数はヴェネチアに住んでいる人口の約6万人の倍以上の人たちがヴェニチアを訪れています。

見た方がいいジョニデ作品

水上バス

島には車の乗り入れができないので、島内や島同士の連絡には水上バス(ヴァポレット:vaporetto)が使われています。島内の移動にはヴァポレットのほかには徒歩そして水上タクシー(モトスカーフィ:motoscafi)、橋がかかっていない運河の両岸を行き来するため渡し船(トラゲット:traghetto)が利用されています。

ヴァポレットの運行を行っているのはACTV社になっていて、ACTV社はそのほかにローマ広場とマルコ・ポーロ空港など各地の間を結ぶ路線や、さらにはリード島、本土のメストレ地区での路線バスの運行も担っています。

水上バスはヴェニス島内の大運河を通るルートのほかに、ヴェニス島の外周を回るもの、ムラーノ島、ブラーノ島などへの路線といった現在25路線ありますが、普通路線はルートごとに1から82までの番号(欠番もあり)がつけられていて、深夜便やフェリー、急行といった特殊便にはアルファベットがつけられています。

2010年には、観光客に対する乗船賃は島民や島で働く人たちに比べて4倍程度の料金設定がされていて、距離に関係なく1回6.5ユーロ(約850円ぐらい)になっています。購入の方法は、乗船場の売り場、タバッキと呼ばれるキオスクといったところで乗船券を購入することができます。船着き場にある刻印器で刻印してから乗船する形態になっています。

乗降船時に改札はありませんが、まれに船内で検札があるので、乗船券を保有していなかったり、乗船券への刻印をしていなかった場合には、39ユーロ(約5000円ぐらい)の罰金となります。この切符の他に、ICカードで12時間・24時間・36時間・48時間・72時間・1週間といった、有効期限内は乗り放題のとなるカードも発売されています。このカードを利用する場合には、船着き場にある刻印器(バスの場合は、バス内)で端末にかざしてから乗船します。24時間パスは18ユーロ(約2300円ぐらい)1週間パスは50ユーロ(約6500円ぐらい)で、空港やサンタ・ルチア駅といったACTVカウンターで購入することができます。

洋画おすすめ作品

豪華クルーズでの訪問

リベルタ橋で本島のローマ広場へ自動車で渡る直前にあるトロンケット島には、大型旅客船の入港が可能な港があります。トロンケット島では、世界各地からのクルーズ客船やアドリア海沿岸の複数都市とを結ぶフェリーが発着しています。

空の玄関口

ヴェネツィア本島の真北には国際空港になっているヴェネツィア・テッセラ空港(マルコ・ポーロ空港)があります。ヴェネチアへの空の玄関口として機能しています。空港から島へはACTV社の運行する路線バスやATVO社の運行するプルマンバス(ローマ広場へ乗り入れる)、さらにAlilaguna社の運行する水上バス(本島各地やムラーノ島、リド島に発着)を利用してアクセスすることが可能いなっています。

ライアンエアーといった一部の格安航空会社は、ヴェネツィアから北に30kmほど進んだところにあるトレヴィーゾに設けられたトレヴィーゾ空港をヴェネツィアの玄関口と位置付けているので、トレヴィーゾ空港からローマ広場までを直接結ぶシャトルバスが設定されています。

鉄道でのアクセス

ローマ広場からカナル・グランデを挟んだ先には、ヴェネツィア本島でのトレニタリアのターミナル駅になっているヴェネツィア・サンタ・ルチーア駅があります。

2008年にはこの間にコスティトゥツィオーネ橋が架けられたことで、行き来が容易になりました。サンタ・ルチーア駅にはユーロスター・イタリアやインターシティに代表されるローマ・ミラノなどイタリアの各地へ向かう列車、さらに近隣のオーストリア・ドイツ・スイスなどへ向かう国際列車が発着しています。

オリエント・エクスプレス・ホテルズ社が運行する企画列車の、ベニス・シンプロン・オリエント・エクスプレス (VSOE) も、この駅を終着駅としています。

ここは鉄道利用の場合の入島する拠点になっていて、ローマ広場と同様に駅前へヴァポレットの乗り場が設けられています。現在、メストレ地区を中心にライトレールの整備工事が進んでいるので、リベルタ橋を介してヴェネツイア本島にも乗り入れる予定になっています。本土側のメストレ地区にはヴェネツィア・メストレ駅があります。線路容量に限りがあることや折り返し時間の短縮を図るため、サンタ・ルチーア駅に立ち寄らずメストレ駅をヴェネツィアにおける発着駅としている列車もあるので、これらの列車を利用してヴェネチアの本島に向かう場合は、メストレ駅での乗り換えが必要となっています。

ジョニデとアンジー初共演の『ツーリスト』

ジョニー・デップとアンジョリーナ・ジョリー初共演した映画ツーリスト。ヴェネチアを舞台に2人が織り成すドラマの行方は?!

ツーリストについて
ツーリストのあらすじ
本当は別のキャスティングだったのツーリスト
伯爵の称号を持つ貴族の末裔が映画監督
ヴェネチアについて
映画の舞台ヴェネチアの風景
世界一美しい広場が水没する?!
ヴェネチアの交通網
ヴェネチアの潟
ヴェネチアの繁栄と衰退
数々の映画の舞台になってきた町ヴェネチア
ジョニー・デップについて
ジョニー・デップが俳優になる前
映画俳優としてのジョニー・デップ
もてまくりのジョニー・デップ

サブリンク

匠の会住宅は茨城県水戸市・ひたちなか市のハウスメーカーです。水戸市 注文住宅では、総レンガタイル貼りの家、自由設計、注文住宅が特徴です。