本当は別のキャスティングだったのツーリスト

『ツーリスト』は2010年公開されたアメリカ映画ですが、2005年のフランス映画『アントニー・ジマー』を、ドイツ出身のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクが、ハリウッド・リメイクした作品になっています。

見た方がいいジョニデ作品

企画段階から決定までのキャスティング

フランク役は誰が演じる予定だったの?

企画段階の2008年9月の時点では主役のフランク役にはトム・クルーズが候補に挙がっていて出演交渉を経てほぼ決定しかけていましたが、翌年の2009年8月にトム・クルーズがジェームズ・マンゴールドの『ナイト&デイ』に出演する為に降板することになったため、アバターを演じたイギイス出身:オーストラリア俳優のサム・ワーシントンが代演すると報じられました。そして3ヵ月後の11月にサム・ワーシントンの降板が決定します。それからすぐにジョニー・デップへの交渉が開始されて正式に出演が決定しました。

洋画おすすめ作品
パワーストーンなら当社にお任せ。良品質なのに低価格。天然石の原産地から直接仕入れを行ない、自社で製造から発送まで一括で行うことで、良品質・低価格を実現しています。

エリーズ役は誰が演じる予定だったの?

謎の美女エリーズ役も当初シャーリーズ・セロンが演じることになっていましたが2009年10月に降板が決定。その代わりにアンジェリーナ・ジョリーが抜擢される運びになりました。

謎の美女エリーズはヨーロッパ上流階級でエレガントな女性という役柄です。最初にキャスティングされていたのは、シャーリーズ・セロンですが彼女はフランス系の父親とドイツ系の母の元で南アフリカで生まれました。エレガンスな美貌で人気のシャーリーズ・セロンですが、アンジョリーナ・ジョリーはどちらかというとエレガントというよりはセクシーな身体にハードなアクションのハリウッド女優というイメージが強いと思います。

エリーズの役を演じるうえで、伯爵の肩書きを持ち貴族の末裔でもあるドイツ出身の監督からのアドバイスがアンジョリーナ・ジョリーは演じる上でとても役立ったとインタビューで話していています。「アメリカ人のわたしが見掛け倒しではなく、心底ヨーロッパの女性になれるように指導をしてくださり、わたしの中の女らしい部分も引き出してくれました。今の時代の女性は「強くありたい、いろいろな仕事をしたい」という気持ちが強いと思うんですが、今回の仕事のおかげで、自分の中の女らしさを楽しめるようになりました。またその中にある強さに気付くこともでき、他人のためではなく、自分のために女らしくありたいと思うようになりました。」と【女らしい自分をもっと楽しむようになった】と話をしている通り、映画では今までのアンジョリーナ・ジョリーとはまったく違った、エレガントで優雅そしてフェロモンが満載のエリーズ役を演じるアンジョリーナ・ジョリーに魅了されるでしょう。

監督も企画段階から変わったの?

監督も当初はバハラット・ナルルーリが勤める予定でしたが2009年10月に降板が決まり、2010年1月にドイツ出身のヘンケル・フォン・ドナースマルク監督に決定しました。ドイツ出身の監督に決定する前には2004年作品『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』を監督したアルフォンソ・キュアロンとの交渉がされていました。

キャスト&製作

製作

キャスト

ジョニデとアンジー初共演の『ツーリスト』

ジョニー・デップとアンジョリーナ・ジョリー初共演した映画ツーリスト。ヴェネチアを舞台に2人が織り成すドラマの行方は?!

ツーリストについて
ツーリストのあらすじ
本当は別のキャスティングだったのツーリスト
伯爵の称号を持つ貴族の末裔が映画監督
ヴェネチアについて
映画の舞台ヴェネチアの風景
世界一美しい広場が水没する?!
ヴェネチアの交通網
ヴェネチアの潟
ヴェネチアの繁栄と衰退
数々の映画の舞台になってきた町ヴェネチア
ジョニー・デップについて
ジョニー・デップが俳優になる前
映画俳優としてのジョニー・デップ
もてまくりのジョニー・デップ

サブリンク

低価格1時間「5,000円〜」の料金設定!abckashikaigishitu.comお客様の様々なニーズにお答えします。